オールインワンジェル 化粧品 ケア

オールインワンジェルタイプの化粧品は、1つあれば手軽で短い時間で肌ケアできます。しかし、使い方を誤ると思ったような効果を期待できません。そんなオールインコスメの活用法をご紹介します。
MENU

オールインワンゲルのデメリットとは?

毎日が忙しい女性の皆さんにオールインワンの化粧品が人気を集めています。
手間が要らず、ひとつだけで簡単にケアができるからです。
でも、簡単で手間が要らないオールインワンの化粧品でもデメリットはあります。
デメリットは具体的にどういうことがあるのでしょうか?

 

すべて1つでスキンケアができるオールインワンゲルは微調整ができないことです。
毎日同じ肌の状態でいることはなかなか難しいですよね。
忙しい毎日の中ストレスなど感じると肌にも変化があると思います。

 

だからといって使えないわけではありません。

・「体調が悪いから、化粧水だけ」
・「目元や口元など乾燥を目立つから多めにクリームを塗りたい」
・「日焼け止めクリームを使いたい」
・「たっぷり美容液を使いたい」

それぞれ変化していく肌でオールインワンゲルは調整しにぬくいと言えるのです。

 

乾燥肌、敏感肌の方はオールインワンゲルは注意が必要となります。
それは、スキンケアを1つで出来るので美容成分などが色々と入っています。
ですので、特に肌が敏感な方は肌荒れなどのトラブルがおきやすくなるのです。

 

ひとつひとつ揃える基礎化粧品は成分はもちろん、好きな化粧品が選べることができます。
成分が選べるので、自分の肌に合った化粧品が揃えることができます。
しかしオールインワンの化粧品の場合、簡単で機能は抜群でも肌に合わない成分が入っていたら使えないですよね。

 

かといって基礎化粧品を揃えるとなると、最近では単価も高く高機能なものが多くなっています。
栄養素が多く入っているため、逆に肌に負担を与えてしまう可能性もあります。
自分に合うスキンケアを見つけるのはなかなか難しいようです。

 

 

ただし、自分の肌に合うスキンケアを見つけるヒントがあります。
乾燥肌や敏感肌の方でも最近、使える無添加の薬用オールインワンゲルがあります。
無添加なら肌に優しい成分が配合されている物が多いです。
見つけるヒントは、成分にあります。1つでできるからといって安易に購入するのではなく
どのような成分が配合されているのかをきちんと確認をしてから、自分に合うスキンケアを選ぶことが大切となります。

このページの先頭へ